家系図講座・入門編のご感想
​たくさんのご感想をいただいておりますので、ご紹介いたします。

・・・・・・・・・・

家系図を書くことで、血の繋がりを改めて意識するようになった。

祖父母の代から知らないことがたくさんでてきて、これをきっかけに両親や親戚ともご先祖様の話がたくさんできたらいいなと思った。

それで、ご先祖様も喜んでくれたらいいなと。

これから御墓参りに行ってどんな話ができるのか楽しみ。

 

山道さん、ありがとうございました!

山道さんのファシリテーションにすごく安心感があり、プライベートなこともするするっと話ができたり、参加者の方のお話もたくさん聞くことができたので2時間半があっという間でとても楽しく過ごせました!

今回家系図を書くことで自分のなかで生まれた寂しさや悲しさの感情を忘れずにいたいなと思います。

 

これは、本当にみんなに知ってほしいなと思いました。

それぞれタイミングがあると思うけど、せめて自分の祖父母の代まで想いがはせられるといいな〜。

​N.Y様(30歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・

 

家系図の書き方のところで『夫婦は二本線で結ぶ』ということを教わった時に、「アカの他人同士の繋がり。頑張りなさいよと言われている」というニュアンスの説明をしてくれた部分がとても印象に残りました。

ご先祖様達が何度もそれを繰り返しながら家と家が結びついて、今の私の命に繋がっていることを改めて感じたときに、膨大な命の営みの一端を今私も担わせていただいているのだという自覚が湧きました。

他の参加者の皆さんのシェアも興味深かったりみんなで話ができたことも楽しかったです。

家系図を実際に書いてみるという時間を通して、自分の手を使ってまずは兄妹や甥っ子達の名前を書きながら、しみじみと同じ親から生まれた兄妹であることを実感しました。

普段、感じているようでちゃんと感じていなかった家族・一族の繋がりを感じる入り口に立ったように感じました。

そしてその作業をしたからこそ、祖父母・曽祖父母世代のことでまだ知らないことが多い自分を自覚しました。

早速、祖父母が何人兄弟の何番目だったのか?について調べていきます。

今日はありがとうございました!

入門編ということで丁寧な説明をしていただき、分かりやすかったです。

『家系図の可能性』の箇所は共感することばかりでした。

テキストや用紙も送っていただいて、とても充実した内容でした!

講座の中で説明を聞いた後にまずは自分で書く時間があるというのが最初の一歩としてすごく良かったです。

そして家系図を実際に書くことの大変さや難しさを体験した今、山道さんの普段しているお仕事の凄さが改めて伝わりました。

今日の体験を 自分の仕事にも役立てていきます。

また色々教えてください!

S.O様(コーチ・40代女性)

・・・・・・・・・・

本来の自分をみつめたりできました。

私は1人ではない、自分を大切にしないと、できてなければ、より大事にしてあげたいと思いました。

ご先祖さまありがとうございますと伝えたいです。

ご先祖さま一人一人の思いなりに歴史のロマンみたいなものも感じます。

 

紀子さんの綺麗なそして芯の強さ、温かさを画面越しから感じました。

参加者への配慮も素晴らしいなと思いました。

安心して受講できました。

ありがとうございました。

仲谷貴世美 様(40代女性・現役薬剤師&良いもの循環派ママ)

・・・・・・・・・・

江戸時代が好きで、その頃自分のご先祖様はどんな人でどんな暮らしをしてどんなことを思っていたんだろう、なんてことを知りたくて家系図が作れたら面白そうと思って参加しました。

でも実際に作ってみると、身近な親族や、亡くなった叔父や伯母たちのことを想いました。

また、父や母には、若くして亡くなった兄弟や会っていないけど実は兄がいるとか、という話を昔聞いていたことを思い出し、その方たちのことを知って覚えておきたいとも思いました。

 

歴史好きの延長のようなミーハーな気持ちで参加しましたが、実は家族のことやご先祖様とのつながりを思い出すための行為なのか、と気づきました。

 

もうだいぶ年長の親戚が亡くなってしまっているので、存命の時であればもっとたくさん話も聞けただろうし、そうすることで普段遠くに住んでいて疎遠な親戚ともつながれたかもしれないと思うと、家系図は早く作り始めるのがよい!と思いました。

愛澤 香様(40代女性・会社員)

・・・・・・・・・・

講座を受講して、家族、先祖一人一人にそれぞれのドラマがあるんだということに思い至り、こんな面白そうなもの、知らないのはもったいないなという気持ちになりました。

 

また、自分自身の興味もですが、父や母、親戚みんなが親族の歴史をたどれるように、親族を代表して私が家系図を作成していきたいなぁと思いました。

 

今回、他の受講者の皆さんのお話をお聞きする機会があり、それもすごく興味深かったです。

 

それぞれに自分のルーツを知りたいというきっかけがあり、3ヶ月講座などで他の受講者の方のルーツ探索の軌跡を垣間見れるのも楽しみです。

匿名 様

・・・・・・・・・・

講座を受けなかったら、父方の祖父母のことも知らないままだった、ということに気づきました。

父が健在のうちに聞いてみようと思います。

 

さらに上の世代のご先祖様はどこでどんなことをしていたのか、知りたい気持ちが高まりました。

ありがとうございます。

 

山道さんの気持ちとか、信念とか、想いが伝わってきて、ただ書き方とか戸籍取得のノウハウとかを教わるだけでなく、やってみようと言う気持ちになるのではないかと思います。

Y.M 様(50代女性・IT系会社員)

・・・・・・・・・・

既に亡くなった叔父・叔母たちを思い出し、自分の父母の兄弟だし、もっと大切に付き合っておけばよかったと思ってしまいました。

 

学校教育なんかで取り入れられるとよいですね。

小笠原健 様(50代男性)

・・・・・・・・・・

今まで全く関心がなかったんだと気付きました

改めて関心を持って取り組みます

書き出すとスタート時点で人の多さに驚きと感謝を感じました

両親との会話が増えました

ご縁をいただいて家系図に興味を持ちました

ありがとうございます😊

とてもわかりやすいセミナーでした

中田眞佐美 様(50代女性)

・・・・・・・・・・

ご先祖様が探してくれるのを待っているのを感じました。

家系図を書く事の奥深さ、自分への探求/潜在意識を知っていくことにつながる気がしました。

家系図が書けたら、自分の意識が変わっているだろうと感じるので、まずは書いてみようと思います。

講座はとてもよかったです。

紀子先生が安心安全な場を作り出されていて、受講される方の意識レベルも高く、素敵な時間になりました。

橋野晶子様(50代女性・体操教室運営者)

・・・・・・・・・・

家系図を書くことは、家の歴史を残すということだけではなく、御先祖の方々に思いを馳せながら自分とは何か・・を新たに見つめ直すことにもつながるのだと実感しました。

今日は本当に素晴らしい講座をありがとうございました。

山道さんが最初にご自分のことをお話ししてくださった内容もとても心に響きました。

(家系図作成のプロセスを経て家への嫌悪感がなくなっていった内容など)

M.Y様(50代女性・自営業)

・・・・・・・・・・

実際に自分の手を動かして家系図を書くという行為が、心に響きました。

頭のなかで図を描いて知っているのとは違う感覚でした。

もっとご先祖のことを、そして自分のことを、理解できるんじゃないかな、ということを感じて、とてもありがたく、うれしい気持ちになりました。

素晴らしい学びを体系化されていることに感動し、また、感謝申しあげます!

R.Y様(50代女性)

・・・・・・・・・・

この度はとても素敵な講座に参加させていただきありがとうございました。

大家族で育ち、自分のルーツに関しても割と分かっている方だと思っていましたが、あらためて家系図を作成していると、まったく新しい視点で家族をみることができました。

自分で考えながら、家族にルーツを聞いたりしながら手書きで書いていくことが、こんなにもセラピーのような効果があるとは思いませんでした。

まだまだ入り口、という感じなので、マイペースに探っていきたいな、というのが今の気持ちです。

どんな感情が生まれ、どんな発見があるのか、とてもわくわくします。

ふと気になり申し込んだものでしたが、紀子さんの正直で真っ直ぐな想いを講座の最初に聞かせていただき、とても引き込まれたのと、家系図への興味が湧きました。

とてもあたたかく、柔らかい2時間半をありがとうございました。

匿名 様(30代女性)

・・・・・・・・・・

仮に情報がつぎはぎだったり、偏ったりしていても、家系図を書くという行為そのものを通じ、得られるものが多く驚きました。

参加できてよかったです。

普段家系図に興味がない人や、イメージがわかない人にも、ぜひこの講座を受けてもらえたらいいなと思います。

匿名 様(30代女性・自営業)

・・・・・・・・・・

ご先祖さまのこと、ある程度は知っているつもりでおりましたが、家系図を書いてみると意外と情報を持っていないことに気づきました。

あらためてしっかり向き合ってみようと思いました。

実際に家系図を作成してみたいと思います。

山道さんにお願いしようと思います。

今日はどうもありがとうございました!

引き続きよろしくお願いします!

小林博之 様(経営コンサルティング)

・・・・・・・・・・

もう会うことも話しをすることもできないはずの先祖と、何だか繋がったような不思議な時間でした。

命のバトンをつないでくれた先祖に、今も守られて生きている様な気がします。

自分を知るということの大切さに改めて気がつきました。

遠方の市町村に保管されている戸籍の取得にトライしてみたいです。

そして戸籍を実際に見てみたいです。

遠い存在だと思っていた先祖。

講座を受けた今、以前よりは身近な存在に感じています。

時代と時空を超えた家族旅行のようだと思いました。

素敵な体験をさせて頂きありがとうございました!

これをきっかけに「家族」、そして「私」を探ってみたいと思います。

匿名 様(30代女性・会社役員)

・・・・・・・・・・

家系図を作りたい、わたしが作らなきゃ!と言う思いが強くなりました。

手を動かして名前を書いているうちに、じーんとしてきました。

M.T様(40代女性・会社員)

・・・・・・・・・・

ご先祖様から代々命のバトンを受け継いできているのに、直近の先祖を書き記すことすらままならないという現状を知ることが出来た。

ご先祖様の命日を知りたい。

命日がわかるご先祖様は月命日に意識を向けることをしていますが、直近の方々ばかり。

私の今があるのは全てご先祖様が命のバトンを繋いでくださったおかげなので、意識を向けられるご先祖の数を増やしていきたい。

家系代々で、あるいは個人で辿り作り上げていくものに伴走していただけるありがたさと心強さを感じました。

ありがとうございます(^O^)

匿名 様

・・・・・・・・・・

紀子さんがどういう思いでなさっているのか何でこういう道に進んでいるのかも分かってすごく良かったです。

家系図のキを教えていただきました。

自分なんて何もないと自己肯定感低めな時も長かったのですが、今日少し向き合って戦争などもある時代からどんどん繋がって奇跡的に私が産まれて今ここに命がある。

まずは、そのことに毎日感謝をし、丁寧に毎日を過ごしていきたいと思いました。

子供達にもそのようなことが伝えられたらと思いました。

今閃いたのは、子供が産まれてきてるのも奇跡で簡単に子供が自分のご先祖様がどんな感じだったかなど分かるものあってもおもしろいなぁと思いました。

家系図って聞くと、昔の私のように関係ないって思ったりするかもしれないですが、やはり知ってるのと知らないのでは全然違いますよねきっと。

Y.S様(30代女性・主婦)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

家系図を書いている時に、「そういえば幼児期に亡くなった人がいたなぁ」と、忘れていた記憶がふとあがってきました。

このご先祖様からのバトンも受け取って今自分が生きていることを感じました。

家系図は、大事だけど見えにくいものを「見える化」するツール、なんだと思います。

Q:山道へのメッセージ

山道さん、ありがとうございます^_^

このような活動をされてる人がいて、日本の未来は明るい!と感じました。

これからも共によろしくお願い致します。

前田大介様(40代男性・フリーランス)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

以前、パソコンで作りかけたことはありました。

手書きの方がより作りやすいことがわかりました。

Q:山道へのメッセージ

入門編どうもありがとうございました。

先生の柔らかい口調が大変聴きやすく、内容もすんなりと伝わりました。

参加されていた方々からもいい雰囲気を感じられました。

一度、自分でやれるところまで作成してみたいと考えています。

Y.O様(50代男性・会社員)

 

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

*自分がここに存在しているのは無数の

 ご先祖様からのつながりという奇跡の結果。

*自己肯定感・自己信頼感が強まる。

*自分の立ち位置、軸が定まる。

Q:山道へのメッセージ

グループで話し合いながら自分の祖先に思いをはせるというとても貴重な機会をありがとうございました。

M.O様(60代男性・経営コンサルタント)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

家系図のお話を聞き、ご先祖様への想いは忘れてはいけない、忘れたくないと思いました。

そして、紀子さんの話していた、家族が良し悪しで継承しているものはあると言うお話が興味深かったです。

Q:山道へのメッセージ

今日はどうもありがとうございました。

昨夜テキストを印刷して、明日いよいよだなあと思っていた時にグループ的なざわつきを感じました。

勝手な思いなのかもしれませんが、ご先祖たちを感じた感覚、よし、家系図を作るぞという気持ちが強くなりました。

Y.R様(50代女性)

・・・・・・・・・・

自分のルーツには多くの人が関わっていたことが分かりました。

親戚が多いことに何となく引け目を感じていた部分もありましたが、「今、ここ」にいる自分のルーツを辿るには、一人ひとりの歴史に向き合う覚悟が必要と痛感しました。

今が、ご先祖様から使命がくだったその時なのかなと、勝手に解釈しております。

家系図を仮の形でも仕上げていくには、モチベーションの持続も必要であり、先生に伴奏して頂くことは励みになるだろうと期待しております。

 

築山祐介様(30代男性・会社員)

 

・・・・・・・・・・

 

何となく分かっているようでほとんど何も知らなかった家系に関して、改めて知りたいなと感じました。

参加して良かったと思います。ありがとうございました。

家系を知る調べていくことで自己肯定感が強くなり生きていく意味を考える良い時間になると思います。

益々、広がる事を期待します。

 

中村恭浩様(50代男性・会社員)

・・・・・・・・・・

 

家系図の書き方のポイントがとてもためになりました。

(両親、祖父母を兄弟よりも一つ下げて書く、 兄弟順に書くなど)

エクセルでの作成方法まで実際に見せていただけたのがとても参考になりました。

単純に山道さんにお目にかかりたかったので気軽な気持ちで参加させて頂いたのですが、家系図の作成方法も大変ためになり、楽しく学ぶことができました。

どうもありがとうございます。

家系図もアップデートしてみようと思います!

 

M.I様(30代女性・家族カウンセラー)

 

・・・・・・・・・・

 

生年月日、命日、享年を入れるとまた違ったものが見えてくる。

家系図を作るのなら、昼間がいい。

幼なく亡くなった人は家の守り神になる。

名字由来netの活用

楽しみながら学べたので、とても良かったです。

家系図の良さがあらためてわかりました。

ありがとうございました。

 

T.H様(50代男性・FP)

 

・・・・・・・・・・

 

先祖とは、確実に生きていた人のはずなのに、なぜ知らないのだろう、知られていないのだろう。

今まで感じたことのない気持ちが湧きあがってきました。

 

匿名(40代女性・会社役員)

 

・・・・・・・・・・

私にとっては、作業面が前途多難…ということがわかりました(笑)

が、山道先生がおっしゃってらしたように、家族、ご先祖さまの代表として何故か私が選ばれたようなので、お役をまっとうしたいと思います。

どんなご先祖の方たちがいらっしゃったのか、ますます興味が湧きました。

いろいろな方のお話も聞けて、とても良かったです。

家系図で自己肯定感が上がるの〜?とおもいましたが、少しですが取り組んでみたらたしかに!

唯一無二の私と思わずにはいられないだろうし、こりゃ自己受容感が高まるわ!と思えました。

ありがとうございました。

 

参加された皆様とも、いろいろお話できるお時間をいただけて、それぞれの想いをうかがえ、とても楽しいお時間でした。

グループの方の先祖さまなのに、感動してました。

山道先生のお話もとてもとても分かりやすくて、講座を受けられて本当に良かったです。

ありがとうございました。

 

茂木みゆき様(50代女性・自営業)

 

・・・・・・・・・・

 

家系図を遡ったときに、その誰一人がかけても自分は存在していなかったというお言葉がすごく印象に残っています。

それは、私からさらに続く子ども世代にも残るものであり、私が形にのこす必要性を感じました。

自己紹介の中で話題にされていた家族療法というものと、この家系図をつくることの関係、それを機会に家族の繋がり方が変わっていくことの効用などお聞きしたくなりました。

質問へのご回答が明快で、たくさんの事例をご存知なのだと感じました。

うまく仕上がったときにはぜひ読み解き方を伝授いただきたいと思います。

 

西村康司様(30代男性・学習塾 人材開発部門)

 

・・・・・・・・・・

 

・ほぼ100%誰でも江戸時代末期のご先祖までたどれるということ。
・「家系図の可能性」のところで山道さんが話された、家族を許せる瞬間が来るかもしれないこと。
・家系を流れで見ると「人生の教科書」になりえること。
・自分の祖父の名前すら、実は知らなかったこと。

 

R.H様(50代女性・フリーランス)

・・・・・・・・・・

 

私は現在群馬県在住ですが、父方も母方も江戸時代後期(それ以前は不明)からずーっと群馬県内でほぼ同じ場所に根付いているという点から、自分も多くの事柄において群馬という地に縁があるのだろうな、と自然に感じることができました。

生年月日や没年月日、享年など、日付や数字がもつ意味や力について講座内で山道さんが少し触れていたのですが、深く触れられていない

のにも関わらず「すごく知りたい!」という気持ちにかられました。

おそらく、家系図作成とともに年月日の意味を追求し始めるのだろうなぁ、と早くもそんな予感がしています。

個人的な希望ですが、講座内で家族療法についてもほんのすこしだけお話があったと思います。

私の作成した家系図を用いて山道さんが解釈する私が受け継いでいる使命的なものを聞いてみたいな、と思っています。

 

N.S様(30代女性・IT企業)

・・・・・・・・・・

子育てで悩み中の方や、若い方でお悩み中の方々に「家系図」と言うツールが役に立つのでは?とやんわりと思っていましたが、今日、お話を伺うことで、やはりお役に立つ♬と思いました。

我が子は高一の次男と、高校卒業し人生迷走中の長男。

2人とも学校に行かない選択をした経験者。

こういった子供達に「ありのままのあなたでOK」と口では言っても、思春期男子にどこまで届いているのやら、、

しかし「家系図」を一緒に作ることで感じるところがあるはず。

ご紹介して頂いた本のシリーズもとても良さそうなので、皆さんに紹介していきたいと思いました。

 

以前の私みたいに「ご先祖様」の大切さを理解されていない方は、たくさんいらっしゃいます。

まだ作成していないので、実証は出来ませんが、家系図から読み解ける事が多いはず。

見えない世界への関心も増している昨今、この家系図はチャンスかと思っています。

可視化する事、現状を知ることから、はじめてもらいたいものですね♬

また、山道さんとお話がしたいです。子育てと家系図が繋がると良いかも♬です。

H.I様(40代女性)

・・・・・・・・・・

講座を受け ご先祖と向き合う時間を持てた事もすごく良かったですし自分一人でなく 参加者の方とご一緒に先祖を辿る場が 色々なお話しや想いを聞かせて頂け 私自身 より一層先祖を身近に感じる機会になりました。

後 先生の家系図を実際書くまでの 先祖に意識をむけさせて頂ける お話しが 心の準備が出来るというか 心が整って とても良かったです。

ありがとうございました🙏

 

この度は 本当にありがとうございました🙏

家系図を意識した時 この講座にめぐり逢い 受講させて頂き とても勉強になりました。

先祖と今現在の「私」を結びこれからをより良く生きる 道しるべ!

これからもよろしくお願いいたします🙏

仲谷佳代 様(50代女性・四柱推命鑑定士 名前のことだま師)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

10代前までのご先祖さまだけでも2046人いるということ、それだけ多くの人の命と人生が自分に流れ込んでいることを思うと感慨深かったです。
具体的な書き方のポイントも知ることができて良かったです。

 

Q:山道へのメッセージ
これを機に、まずはとにかく!作り始めてみようと思います!

ありがとうございました。

 

M.Y 様(50代女性・会社代表)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

紀子さんのチャーミングな表情と言葉の一つ一つに思いやりや愛が溢れていてとても癒された時間でした。
祖父母と過ごす時間も多かったからか、昔からご先祖様への思いが強く、嫁いでからも夫のご先祖様を大切にしてきました。

ある時霊的能力のある方から

「あなたがご主人のふるさとに帰って来てくれたことをご先祖様たちはとても喜んでくださっていて、ずっと守り応援してくださっていますよ」

と言われ号泣したことがありました。

田舎暮らしに馴染めず辛かった私にとっては光となる言葉でした。

そこからさらにご先祖様に感謝する心が強くなり、実家と辻家のご先祖共に大切な存在となっています。

そんな中で、ことだまと出会い、紀子さんに出会えたことは必然と直感しました。

家系図講座というものがあるとは全く知らなかったのですが、ことだま師の山下先生の入門編を受けて感動し、ぜひその道のプロである紀子さんの講座を受けてみたいと思いました。

紀子さんのブログやHPに書かれている文章から伝わってくる思いがとても素敵で胸に響くことばかり。

そして講座でも参加者の想いをしっかり受け止めながら進めてくださったおかげで、初めての方同士でも何の抵抗もなく自己開示することができました。場づくりの力、大事ですね。
皆さんのご先祖への思いや人生を伺いながら、本当に十人十色の関わり方やストーリーがあることを実感しました。


また最も感動したのは家系図の可能性!

これは本当に全ての人に知って欲しい、関心を持ってほしい学びだと思いました。

「ご先祖様たちは自分の大応援団!」

そう思えるだけで生きる勇気や希望が湧いてきますね。

難しいスキルを学ぶより(学ぶ前に)家系図の概念を知ることで心の平安を得ることができると確信できます。


また、実際に自分で家系図を書くと、一人ひとりの顔が浮かんできて温かい気持ちになりました。

祖父母や亡くなった親戚の命日が曖昧なところがあったので、早速お盆に調べてみました。

命日を大切にして故人の思いとつながることが大事と、山下先生にも教えていただいたので、これから意識していこうと思っています。


時期的にもお盆の時で本当にタイムリーでした。

日本人の魂を目覚めさせる素晴らしい講座に参加できたこと、素敵な方々に出会えたことに心から感謝しております。

 

Q:山道へのメッセージ
このような講座を学生さんたちにも受けていただける機会があるといいなと思います。

紀子さんが経験してこられたこと、学んでこられたことが若い方の将来に役立つ時が必ずあると感じます。
また、自分自身もことだまの講座と合わせて家系図ミニ講座ができるようになれたらいいなと思います。

今後さらに激動の時代を生きていく私たちにとって、自分のルーツを探求し揺るがない軸と誇りをもって生きていくことは何より大切なことだと思うので。
またいつか紀子さんと何かの形でコラボさせていただく機会が持てるといいなぁと妄想しています♡
休養期間を経てパワーチャージされた紀子さんが、これから心のままに喜びとともに羽ばたいていかれることを心から願っております!!

 

辻たまき 様(50代女性・講師業・名前のことだま師)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

元々は自身も普段は手描き派ですが、

家系図に関しては以前受講したある講座の課題(ジェノグラム作成)がきっかけだったこともあり、pcでの作成から入りました。

今回、改めて手描きで取り組んでみて、

これほどまでに違うものかと、感慨を新たにしました。

(□や○の一つ一つの記号を書く際に、対象の人物が思い浮かぶなど)

また、ご自身の家系に向き合おうとされる他のご参加の皆様、お一人お一人がとても穏やかな雰囲気の方々だなと感じました。

Q:山道へのメッセージ

本日はありがとうございました。

講座内容のわかりやすさはもちろんですが、時間についても聞く・話す・作るなど長さや配分のバランスがちょうどよく、あっという間の2時間半だと感じました。

また、上にも書きましたが、他の参加者の皆さまも穏やかな方ばかりで、とても雰囲気の良い場でした。

家系図と聞くと、少し敷居が高いようなイメージを受け、自分には関係がないものだと思う人も少なくないと思います。

ですが、すべての人が同じように持っているものであり、それと向き合うことで、少しずつでも豊かになれるものだと感じています。

家族と向き合うことが難しくなっている時代ですので余計に、そのような方々にとっても家族と向き合う貴重なきっかけになるものとして、家系図がより多くの人(とくに次世代の子どもたち)の目に触れ、体験できるものとなればいいなと思っています。

片平 恭佑 様(30代男性)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

今回初めて家系図講座を受講し、これほど多くのご先祖様がいることに驚き、命の尊さを再確認しました。

家系図を作成することで、目を背けていた部分と改めて向き合うきっかけとなるし、家族やご先祖様のことを深く知れるのではないかと思います。

Q:山道へのメッセージ 

本日は貴重な講座をありがとうございました。家系図初心者で何も分からない状態での参加でしたが、とてもわかりやすい説明でスムーズに受け入れることができました。

講座を受けて早く家系図を作成したい気持ちになったので、自分でてきるところから始めたいと思います。

片平 ひとみ 様(30代女性)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

ありがとうございました。

戸籍は取り寄せましたが、進まないながらも家系図が気になっていたのは、紀子さんの「家系図が気になる人は、ご先祖様からの白羽の矢が立った人」の言葉に妙に納得しました。

おっしゃられていた「家系図が語りだす」という表現が印象的でした。

数字のシンクロ、それぞれのご先祖様の人生からの学び。

ひとつひとつにストーリーはすでにありますが、家系図という一つの流れに見える化する事で、さらに見えてくるのもがあるのですね。

実際に書いてみる時間では、線を引くという行為が、「あ~。つながっているんだなあ。」と新鮮に感じました。

 

Q:山道へのメッセージ 

ありがとうございました。

紀子さんの言葉で家系図の奥深さが、さらによく分かりました。

ご先祖様からのご縁。これからもよろしくお願いします。

I.Y 様(50代女性)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

手で書いてご先祖様の生まれた日結婚した日亡くなった日を書くことで、無機質な名前の羅列が人になったのが印象的でした。

 

Q:山道へのメッセージ 

今後もご指導頂けますようお願い申し上げます。

松木陽子 様(40代女性)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

本当にたくさんのご先祖様がいることが目に見えた。

名も知らない人たちだけど、自分と同じように日々を暮らし、嬉しいこと、悲しいこと、様々な思いを持ってその瞬間を生きていたんだなと感じました。

 

誰一人欠けても、今の自分はいなかったと思うと、それがどんな人だったとしても必要だったと思いました。

 

家系図を書きながら、嫌な感覚があったり、脈々と継いでる性質を感じたり。手を動かし、書いたものを俯瞰してみることで、感情が出てきたことが面白い体験でした。

 

自分で家系図をメモのように書いていた時には感じなかったことだったので、紀子さんのお話を聞いたからこそ、その感覚を得たと思います。

 

子どもたちに、土台がすでにあり、一人じゃないことを伝えたいと思いました。

 

参加して本当によかったです。

ありがとうございました。

 

Q:山道へのメッセージ 

参加してよかったです!

どんどん皆さんに受けていただきたいです。

 

ちなみに、親戚のおじさんは、家系図を書いてから運気爆上がりだったと昔聞きました。

金子慶子 様(40代女性)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

今日はありがとうございました。

何となくネットで見ていてたどり着いて、気になり直感で参加させていただきました。

紀子さんの話はもちろん、ご一緒させていただいた方の話にも響く言葉や、自分では思いつかなかった違う視点の話、実は聞きたかったことを思い出させてくださったり…

きっとこれも、ご先祖様に導かれたのかもなーと思う講座でした!

 

紀子さんのお話を聞き、自らわかる範囲で作成を始めただけでも両親、祖父母の顔を思い出したり、○□・名前を書くことで確かに存在してくれたのだなーと想いを馳せ、ほんのちょっとですがご先祖様にもつながれる時間が持てた気がします。

○と□、名前などがなんだかとても愛おしく感じました。

紀子さんのおっしゃった「ご先祖様に光をあてる」という言葉が印象に残っていて少しだけそれがわかった気がします。

旧姓の川村は私が一人っ子のためなくなってしまいそうですが、家系図に残す事で大切に光も当たり続けるのではないかとも思いました。

 

両親、祖父母、親戚…近い関係だからこそ色々な想いもあるけれど、これだけ大勢の人がいて誰一人として今の私がいるのに欠くことのできない存在…そう思うとほんと感謝だなぁと改めて感じました。

 

お彼岸という日本の大切な行事の前にこの講座がうけられて良かったです。

ご先祖様に光をあてた事でこちらも光をいただき輝き、さらに子孫や家族につなげていけたらこの上ない幸せだなと思います。

 

Q:山道へのメッセージ 

本当にありがとうございました。

どんどんみんなにも拡がっていって欲しい内容でした。

自分や家族のことを知れ、家族や親戚と話すキッカケにもなる素晴らしい講座だと思います。

きっと思い出してもらうことでご先祖様も喜んでいるんだろうなと思いました。

(つい先日仕事で、一日のうちリメンバーミーの映画を2度観る機会があり、その時のことも思い出しました)

 

最低限の書き方の決まりはありましたが、こっちの書き方でもいいし、こういう方法もあったりする…と

「正解はこれ!」「これじゃなきゃダメ」という絶対がなく、自分がいいと思う方法を取ったり何を書いていくか、

書き方一つでも自分が心地よいほうを選択できるのがなんだかいいなと思いました。

鈴木華誉 様(40代女性)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

初めて家系図を書いたので、とても面白かったです。

もっと知りたいと思いました。

匿名 様(50代女性・研修講師)

・・・・・・・・・・

Q:講座の感想や気づき

数年前に 両親の戸籍が必要で 取り寄せたとき

母は養女だったこと

生家では五女であったことを

初めて知りました。
母は結婚前のことを一才話しませんでした。
一言 姉がいたのと 言ったことがあります。
生前は 母が 養女に出る前に過ごした生家で過ごした

姉の事と思ったのですが  

今回改めて 戸籍を読んでいくと

養子先で養母が姉として在籍しているのがわかり

姉と言ったのは 養母の事だったのかなとも

思ったりしました。
 
また いとこが送ってくれた家系図から  

叔父は父の兄なのに 苗字が違う理由がわかり

聞いた話だけでは理解出来ないことが  

目で見ることで理解しやすいと思ったこと  

先祖とは血のつながりをいうのか  

血の繋がりだけではないのかなどを考えさせられました。

 

Q:山道へのメッセージ 

数年前にお会いして 直接話をしたわけでもないのに  

何故か 心に残り 今回 お世話になることになったのは

やはり ご先祖様の お導きなんだろうなと思います。
家系図をできる限りを作り 後世に残せるように

指導していただけたらと思います。

H.E 様(60代女性・助産師)

・・・・・・・・・・

2020年5月23日入門編〇.jpg
2020年6月24日入門編〇.jpg
2020年7月25日入門編〇.jpg
2020年9月26日入門編〇.jpg
2020年10月21日入門編〇.jpg
2020年11月28日入門編〇.jpg
2020年12月23日入門編〇.jpg
2021年1月14日入門編〇.jpg
2021年2月27日入門編〇.jpg
2021年3月24日入門編〇.jpg
2021年4月17日入門編〇.jpg
入門編 2021年5月19日.png
2021年7月17日入門編.jpg
親子で家系図講座.jpg
入門編20220817.jpg
入門編20220827.jpg
入門編20220907.jpg
入門編20221116.jpg